« 第一回 銀座 うかい亭 様 | メイン | 第三回 Bar Sanni's 様 »

第二回 無門庵 様

日本庭園と純和風のくつろぎの空間


[ラルム(シトラール)]

ukai_01.jpg

かおりにこだわるお店を紹介する「かほりの時間」です。

第二回目は日本庭園と純和風のくつろぎの空間「無門庵」様のご紹介です。

--------------------------

■おもてなしの心イコールサービス

JR南武線西国立駅を出て踏切をこえると右手に

日本旅館の様な壁が道沿いにつづいています。

その壁にそって少し歩くと「無門庵」の看板と立派な入口が見えてきます。

その先が「無門庵」様の店舗になります。

門を進むと趣のある日本庭園があり、味のある建物がお出迎え。

まるで一流の日本旅館に来てしまった様なすごく良い雰囲気です。

それもそのはず、実はもともと無門庵とは

「ホテル無門庵」といって歴史ある名物旅館だったそうです。

m04.jpg

建物は石炭商であった先代・小林実が建設したそうで、

粋人でもあった先代の俳号「無門」から名付けられたのが

「無門庵」という店名ということです。

「ホテル無門庵」は1987年に惜しまれつつも閉館したそうですが、

1991年に日本料亭として復活し現在に至ります。

店内にはギャラリーもあり、「樋口一葉」など常時展示しているそうです。

純和風のお店にはいると本当に旅館の入口の様です。

こんな良いお店でもラルムがつかわれてるのは本当にうれしいことです。

m05.jpg

お忙しい中、店長の森様にお店がおしぼりを使うときの

おもてなしについて教えていただきました。

m02.jpg

Q:おしぼりを使うときのおもてなしについてはどうされていますか?


「サービスをすること自体がおもてなしの心なのではないだろうかと考えています。

サービスの一つ一つが点であり、点と点が線になります。

そして線と線が面になる。

おもてなしの心イコールサービスということかもしれません。

おしぼりを出す時は、

お客様の会話の邪魔にならないタイミングでお渡しするのをこころがけています。

たとえば、普通におしぼりをお客様にお出しするなら

誰でも出来るの事だと思いますが、

タイミングを計りお客様にお出しする、

と言う事がおもてなしだと思います」

m03.jpg


■付加価値をつける感動 

Q:では、なぜラルムをつかったのか是非お聞かせ下さい。


「おしぼりはラルムを使う前はただ機械的に出すだけでした。

付加価値をつけるとすれば値段の高いおしぼりを出すぐらいでした。

そこに感動もなにもなかった。

しかし、邪魔にならない香りをつけることによって付加価値がつきます。

それによりお客様に喜んでもらえるアイテムになったと思います。

そういえば、私の出身は北海道なのですが、

両親がたまたまこの店にくることがあって一緒に食事をしました。

店のスタッフがおしぼりを渡した時に

『ああ、良い香りだね』と言ってくれて

驚きがあったのが大変印象に残っています」

と語る森様のおもてなしの心がお客様に喜ばれるのでしょう。

そのおもてなしのアイテムとしてラルムを使っていただいて大変光栄です。

m06.jpg

●住所
〒190-0022 東京都立川市錦町
1-24-26
●電話
042-529-2323
●FAX
042-525-9971
●営業時間
11:30〜15:00(L.O.14:00 ランチ)
17:00〜22:00(L.O.21:00)
●定休日
年末年始
●URL
http://www.mumon.gr.jp/

map

ページトップ

About

2008年4月21日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第一回 銀座 うかい亭 様」です。

次の投稿は「第三回 Bar Sanni's 様」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

おしぼりジャパン
ラルム