OSHIBORI JAPANは世界に向けて日本の伝統文化である「おしぼり」を再定義し、さらに発信していきます

english 日本語

おしぼりの五感とは。

・香覚

おしぼりの香り 日本には古くから香道(こうどう)という伝統文化がある程、香りに関しては造詣が深く、人々は香りを取り入れる事で心を遊ばせたり、癒したり、体をリラックスさせたりして古くから親しんで参りました。

 一方、日本伝統産業のおしぼりにおいても、現在では香りというエッセンシャルな文化が深い拡がりを見せつつあります。

 このコーナーでは、そんなアロマの香るおしぼり文化を綴るエッセイスト葉石かおりさんの世界へご案内いたします。

・魅覚

おしぼりの魅力

 今まさに日本食ブームに乗ってグローバルに広がるおしぼり文化において、世界中には様々なおしぼりが存在します。おしぼりには、綿100%から使い捨てのディスポーザブルタイプもあり、またそれらが様々な場所で見る事が出来ます。

 このコーナーでは、おしぼりのある風景を日本国内から世界まで目で見てお楽しみ頂ける、まさにおしぼりの魅力を様々な角度から追及してまいります。

・触覚

おしぼりの感触 タオル地で構成されているおしぼりには、濡らした風合いのやわらかさと、人肌に触れる時の触感の優しさが求められています。

 触り心地、使い心地にこだわるおしぼり開発には、様々な方との出会いやドラマがあります。綿花から紡績まで、本物の肌触りの良いおしぼり開発への旅路をご一緒いたしましょう。

・心覚

おしぼりの心 おもてなしの心、それは簡単に英語に訳すことも出来ない日本独特の「もののあはれ」な思いやりの気持ち。

  それは、僅かな間に鮮やかに咲き誇る桜の様な、日本人特有の情感による一瞬の美意識。人への思いやりから環境への思いやり、そんなおもてなしの心は旅人の疲れを癒す為に出されたのが始まりとされるおしぼりのイデアそのものです。

 このコーナーでは、おしぼりのおもてなしのこだわりを多角的にご紹介してまいります。

・和覚

おしぼりの和 世界中で拡がるJAPANカルチャーの「漫画」。そして、世界に冠たる老舗企業の宝庫である日本。

  おしぼりもまた、古くは江戸時代に(一説には室町時代)に始まったとされる伝統文化です。

 このコーナーではおしぼりを含めた日本文化の造詣を捉えるとともに、和魂洋才、温故知新による本当のおしぼりの温もり、和みを追及してまいります。