これだけは覚えておきたいお墓参りの4つの作法

宗教によって異なる参拝日

宗教によって異なる参拝日の写真

基本的なお墓参りの時期としてお盆とお彼岸というのがありますが、厳密に宗教ごとに見ていくと参拝の日はことなってくるのでしょうか。
その点をみていきましょう。
まず、仏教の考え方からは、まず先祖の霊が現世に帰ってくるお盆を先祖の霊とともに過ごすという考え方から8月のこの時期に参ります。
その他にもお彼岸と呼ばれる秋分の日や春分の日などについてもお参りしています。
昔はおはぎをお供えものとしてお参りしていました。
さらに年の区切りで年末年始にお参りするというものがあります。
そして故人の命日ということに関しては年ごとの命日、そして月命日などにお参りするという習慣があるのです。
一方キリスト教においては、故人が亡くなってから昇天する時期とされる1ヶ月の時期にお参りするというものがあります。
これは、キリストの昇天に由来するものと位置付けられます。
このほかに死者の日として定められている11月2日にお参りするという習慣などもあります。
最後に神道ですが、基本的には仏教と同じ考え方です。
故人の命日にお参りするほかにお彼岸やお盆にお参りしています。
やはりキリスト教についてはその教義の考え方から独自のお墓参りの日が設定されているのに対して、仏教と神道については長い歴史のなかで大体同じ日にお参りにいくことになってきたことが読み取れます。
宗教の起源としては厳密には違うのに土着文化により争いなく習合していっためずらしい事象です。